Firmware Update

  • Firmware 3.0 Betaが公開になったようですね!


    http://www.kemper-amps.com/pag…mplifier___Downloads.html


    Kemper Profiler Firmware 3.0.0 Public Beta


    This firmware introduces the following new features and fixes:


    User Interface


    - added: support of Profiler Remote including Looper and revised System menu (for details refer to chapter “Profiler Remote” in Reference Manual 3.0)
    - added: new option of QUICK button allows to recall latest edit menu
    - added: MIDI Output routing for two external devices and capability to send MIDI program changes in Performance Mode (for details refer to chapter “MIDI” in Reference Manual 3.0)
    - added: MIDI CC #48/49 value 0 stepping Rig up/down in Browse Mode
    - changed: time to load Slots within one Performance significantly shortened
    - changed: faster switching between Rigs including same Amp and Cab Profiles
    - changed: Direct Edit is permanent now. While one edit menu is open (e. g. Stomp A) pressing another Module button (e. g. DELAY) will not switch on/off that Module but instantly open its edit menu.


    Audio


    - changed: next generation Profiling incl. automatic detection of Direct Amp Profiles and the ability to merge Direct Amp Profiles and a Cabinet Profile into a so called “Merged Profile”. Please read related article in Addendum 3.0!
    - added: noise in Delay effects fixed
    - added: “Aux In >Main” also feeding S/PDIF OUT


    Factory Content*


    WARNING: All Rigs included in this firmware have been stored in the new profiling format and are not downward compatible below 2.8.0 firmware!


    - added: 49 Merged Rigs included in firmware also available as “Merged Rigs Pack”
    - changed: all Rigs have been stored in new profiling format and are also available as “Factory Content 3.0”.


    * All Factory Rigs and Presets embedded in this firmware can be imported via function “Factory Rigs” in System menu. If you prefer to import Rigs selectively, please pick and choose from our Factory Rig Packs available on our download-page. All Rig Packs have been revised and have been migrated to new profiling format, which is NOT downward compatible below 2.7.4 Release!


    Rig Manager


    Revision required: 1.3.1


    NOTE: In case the current firmware installed is older than 1.8.2 release you need to take an interim step and upgrade to 1.8.2 first, before you will be able to install current firmware. 1.8.2. Release can be found in category "Older Operating System Versions".

  • Betaとれたみたいですね。


    Kemper Profiler Firmware 3.0.0 Release


    This firmware introduces the following new features and fixes:


    User Interface


    - added: support of Profiler Remote including Looper and revised System menu (for details refer to chapter “Profiler Remote” in Reference Manual 3.0)
    - added: new option of QUICK button allows to recall latest edit menu
    - added: MIDI Output routing for two external devices and capability to send MIDI program changes in Performance Mode (for details refer to chapter “MIDI” in Reference Manual 3.0)
    - added: MIDI CC #48/49 value 0 stepping Rig up/down in Browse Mode
    - changed: time to load Slots within one Performance significantly shortened
    - changed: faster switching between Rigs including same Amp and Cab Profiles
    - changed: Direct Edit is permanent now. While one edit menu is open (e. g. Stomp A) pressing another Module button (e. g. DELAY) will not switch on/off that Module but instantly open its edit menu.


    Audio


    - changed: next generation Profiling incl. automatic detection of Direct Amp Profiles and the ability to merge Direct Amp Profiles and a Cabinet Profile into a so called “Merged Profile”. Please read related article in Addendum 3.0!
    - added: noise in Delay effects fixed
    - added: “Aux In >Main” also feeding S/PDIF OUT


    Factory Content*


    WARNING: All Rigs included in this firmware have been stored in the new profiling format and are not downward compatible below 2.8.0 firmware!


    - added: 49 Merged Rigs included in firmware also available as “Merged Rigs Pack”
    - changed: all Rigs have been stored in new profiling format and are also available as “Factory Content 3.0”.


    * All Factory Rigs and Presets embedded in this firmware can be imported via function “Factory Rigs” in System menu. If you prefer to import Rigs selectively, please pick and choose from our Factory Rig Packs available on our download-page. All Rig Packs have been revised and have been migrated to new profiling format, which is NOT downward compatible below 2.7.4 Release!


    Rig Manager


    Revision required: 1.3.1


    NOTE: In case the current firmware installed is older than 1.8.2 release you need to take an interim step and upgrade to 1.8.2 first, before you will be able to install current firmware. 1.8.2. Release can be found in category "Older Operating System Versions".

  • 主審様
    ご報告ありがとうございます。
    Kemper公式Facebookに日本語の解説がありましたので転載します。


    https://ja-jp.facebook.com/kemperamps/posts/1052723034744019


    この中の
    >キャビネット・プロファイルをコンバインする機能「Merge Profile」
    ですが
    ダイレクト・アンプ・プロファイルに対して単純にキャビIRデータを組み合わせて使用できました。
    そこから更にマージをすると音が籠もったような変化するのですが、これがどういった意味があるのか分かりません。
    ちなみに2.7の時にプロファイリングしたダイレクト・アンプ・プロファイルは3.0にアップデートしたところKemperが自動的に判断したのかCabがオフになっていました。



    3.0でリグの扱いも大幅に刷新されましたので追補マニュアルの翻訳欲しいところです。

  • newbreed様
    日本語の情報ありがとうございます。


    英語だとなんとなくしか理解できないので非常に助かります。


    また、既にUpdateされたとのことでキャビネット・プロファイルをコンバインする機能「Merge Profile」のご紹介ありがとうございます。
    自分は深いところまで研究していないのでわからないことばかりですが、色々紹介していただけると嬉しいです。


    従来のリグはそのまま使えますか?ストアすると旧バージョンで使えないみたいなところが気になります。
    サウンド的には変化はないのでしょうか?
    後はRig Managerのバージョンも上げる必要があるのは以前もありましたね。


    >このファームウェアでストアされるリグは新しいフォーマットになるため、2.8.0以前のファームウェアでは読み込めなくなりますのでご注意ください。


    が気になりますね。
    3月に2回ほどセッションLiveみたいな仲間内のギグでKPAを使う予定があるので、
    それ以降にUpdateしたいと思います。

  • こんにちは、


    パブリック・ベータ公開後、すぐにリリース版が公開されましたが、最初に公開されたリリース版に直ぐに修正が入りましたので、最初のリリース版をダウンロードされた方はご注意ください。


    現在サイトにあるbuild10856が最新版です。 buildナンバーはSYSTEMメニューの最後のページでご確認いただけます。


    皆さんのやり取りでもありますとおり、新しいバージョンのリグは、フットコントローラーのスイッチアサインの情報などを持つため、下位バージョンでご使用いただけなくなります。


    当面新旧バージョンをお試しになる場合、システムは新旧の書き換えが可能ですので、旧バージョン用のリグデータを保管しておいていただくようお勧めします。リグ・マネージャにバックアップをマウントすると、リグがひとつづつ扱えますので、旧バージョンのバックアップを保管しておくというのが簡単かと思います。

  • こんばんは、本日3.0にアップしてみました!


    リグマネのインスコに手こずりましたが(うちのMacに問題があったようで)、、、
    無事ファームウェア共々完動しています。


    主審さんも気にされている社外リグ(TAFなど)も問題無く使えておりますよ〜♪


    正直、音の変化についてなどはまだ??ですがぼちぼち時間を作ってイジってみるつもりです!
    あとはリーズナブルなお値段でReMoteを発売して頂ければ完璧ですね〜。(笑)

  • 3.0.1はまだ試していません。
    Betaが取れてからにしようかと。。。


    3.0に上げてからは既存Rigのままですが、それほど気になる変化は起きていません。
    しいて言えば、起動時にノブをチューナーで起動させると、通常はミュート設定にしているはずが
    ブラウズモード?のRigの音でチューニング状態になってしまっています。


    いったんブラウズモードやパフォーマンスモードに切り替えて、チューナーモードに戻すと
    治るのですが、ギター弾く前は必ずチューニングから始めているのでちょっと違和感があります。


    もしやこの現象ってウチだけでは!?とも思っています、同じ現象の情報を全然みませんので。

  • FW3.0.2に更新しました。上記のチューナーモードでの起動で音が鳴るということはありませんでした。FW2.7からの更新のためその現象は経験しませんでしたが修正されたのでしょうか。

  • つい今さっき FW3.02+Rig Manager1.31 Win 64bit にUpdateしました。


    気のせいかもしれませんが、
    なんとなく空間系の効きが良いような?
    Highが若干出て音像がくっきりとしたような?
    印象としては悪くないです。


    まだ、Updateしたてですが、今のところは特におかしなところはなさそうです。

  • それは確かに感じました。例えばdelayだと立体感が増した印象です。
    しかしながら何よりもdirect profilingによってパワーアンプ内蔵型のkemperには大きな恩恵を授かりました。

  • Kiledgeさん


    やはりそう感じましたか。
    自分の気のせいかと思っていました。(笑)


    Direct Profiling関連のお話ですが、パワーアンプ内蔵型だと具体的にはどのようなメリットがあったのでしょうか?
    パワアン別建てで使う場合にはメリットは出しにくいのでしょうか?

  • 申し訳ございません。上記はkemper単体で音を出す場合に限った意見です。


    実際今回のアップデートではプロファイリング段階でキャビネット特性を排除しているので、high成分が出やすくなり、特有の粘り気も再現できている印象です。


    ですので外部パワーアンプを使う場合にも、同じような結果が得られると思います。

  • Kiledge様


    解説ありがとうございます。
    やはりHighや空間系くっきりですよね?!


    Power Amp外付け派にも恩恵はあるのですね。
    それは嬉しいかぎりです!


    情報ありがとうございます。

  • 理論上はあると思います。試したことがないのでどう変化するかはお答えすることはできませんが。


    studio profilingでも従来のリグの中には、非常にうまくアンプ成分とキャビネット特性を切り離したものがありました。なかなかにマイク、マイキング、マイクプリ、ミックスをこだわったリグだったので到底私のようなアマチュアでは出来ないと思っておりました。しかしながら、テクニックが必要なくそういったリグが手に入るというのは非常にありがたいです。